お得情報 チニング ルアー

100均ホッグワームでチヌが一番釣れるのはどれ?3社を比較して検証してみた!!

近年怒涛の勢いを見せる100円ショップの釣具コーナー。

お安く釣りが楽しめる時代が来たのは嬉しい限りですが、反面釣り具メーカーさんは開発費を掛けてやっと商品化したものを真似されたり…など思うこともあるはずです。

今回はそんな100円ショップで今話題の「ホッグワーム」について紹介します。

ホッグワームで狙える魚は根魚が有名ですがチニングに使用している方も多いはず!!だってワームって結構なお値段しますからね。ましてやチヌ狙いだとフグに噛まれて使用不能…なんてことが多々あります。うん本当に多々あります。フグ保険に加入したくなるくらい多々あります。笑

この記事ではダイソー、セリア、キャン★ドゥの3社で売られているホッグ系ワームをまとめて紹介し比較していきます。実釣も行っているので個人的にどのホッグワームが釣れやすかったなどのインプレも交えて解説していきます。

ダイソー クローワーム

・サイズ:約100mm (4インチほど)

・カラー:3種類 グリパン/グリーン/黒×赤

・個数:3

・1個あたりの値段:33円

・材質:塩化ビニル樹脂

・硬さ:硬め

・匂い:ゴムっぽい

・適合オフセットフックサイズ:♯1/0

インプレ

・カラーの使い分け:グリパンとグリーンは日中。黒×赤は夜

・アクション:硬めに作られているのでヒラヒラ誘うようなアクションではない。どっちかというとバサロアクション系かな

・使用方法:私は尻尾から2本目の線を切って使用するのでオフセットフックは♯1を使用。理由はワームサイズが大きいため。アームやヒゲなど全体的に硬いのでフリーリグで水流を受けてアピール…というよりはジカリグで動きの緩急でアピールした方が釣れたイメージ

・その他:個人的にはOSPのドライブビーバーの下位互換って感じ。笑 ドライブビーバーはめちゃくちゃチヌが釣れるけどクローワームはちょっと微妙。ドライブビーバーはアームやその根元部分に特徴があって綺麗なバサロアクションをしてくれるけどクローワームにはそれが無く全体的な動きも固い

セリア ホッグワーム

・サイズ:約60mm (2.3インチほど)

・カラー:2種類 ブラウン/オレンジ

・個数:4

・1個あたりの値段:25円

・材質:塩化ビニル樹脂

・硬さ:硬め

・匂い:ゴムっぽい

・適合オフセットフックサイズ:♯2

インプレ

・カラーの使い分け:ブラウンカラーは日中。オレンジは夜

・アクション:若干硬いのでアクション自体も固めかな。ヒゲは薄く水流を受けて少しだけヒラヒラする

・使用方法:おしりの丸くなっている足が胴にくっついているのでまずは胴から切り離す。※手でやると失敗する恐れがあるからハサミ推奨。ワーム自体は若干硬いのでジカリグかジグヘッドで動きの緩急をつけて誘うことが多い

・その他:セリアのホッグワームはあの有名なワームをインスパイアしたのでは?と噂されています。それがバークレイのバルキーホッグとエコギアのバグアンツ。私はバグアンツを使ったことはありますがバルキーホッグは使ったことがありません。バグアンツとの違いは全体の硬さヒゲの形ですね。セリアの方が硬いです。バグアンツの方が水流を受けて水中で大きくアピールしてくれます。

キャン★ドゥ ホッグワーム

・サイズ:62mm(2.4インチほど)

・カラー:1種類 レッド

・個数:3

・1個あたりの値段:33円

・材質:塩化ビニル樹脂

・硬さ:ほどよい柔らかさ

・匂い:ゴムっぽい

・適合オフセットフックサイズ:♯2

インプレ

・カラーの使い分け:レッドのみなので夜がいいが日中でも使用。

・アクション:3社のホッグ系ワームの中では一番好み。全体的にほどよい柔らかさがありアームとヒゲが水流を受けてヒラヒラとアクションを付けてくれるのでアピール力は◎

・使用方法:水流を受けてのアクションが効きやすいのでフリーリグでワームにしか出せないヒラヒラフワフワ感を演出するのもあり。ジカリグで動きの緩急もつけるのもあり。巻きでアームをパタパタアピールさせるのも効果的。オールラウンドに使える

・その他:ボディとアームの付け根部分が弱い?個体差なのか根に当たったりするうちにアームが切れたことが2回あった

3社のワームを比較

率直に一番オススメはキャンドゥのホッグワームかな。

硬いワームより柔らかいワームの方がアピール力は高く、柔らかいワームの方が数釣りには向いているってのが僕の考え。もちろん魚がスレたりしていればアピールの強いものは良くないんじゃ?って思われますが僕のスタイルは基本ランガンで活性の高いものを釣っていくイメージ。

だから3社の中で一番柔らかくフリーリグでもジカリグでも使用の幅が広く、かつ釣れやすいのがキャンドゥのホッグワームだと感じました。

比較

・硬さ:ダイソー>セリア>キャンドゥ

・耐久性:ダイソー>セリア>キャンドゥ

・匂い:一緒

・釣れた実績:キャンドゥ>セリア>ダイソー

チニング100均アイテム

ここではワーム以外にチニングで必要な100円アイテムを紹介していきます。

※プラグ類の紹介は現在作成中ですのでしばらくお待ちください。

ナス型オモリ

チニングでよく使うシンカーのウェイトは5g~10gが一般的かな。僕はタングステン素材のシンカーをよく使うんだけどやっぱり高い。3つ入り800円とかするから根掛かりした時のショックが凄い。だから初場所や根掛かりが多い地形の所はナス型おもりでチニングをすることが多い。

100均で唯一オススメできるナス型オモリはこちら

ダイソー

重さ:3号(11g)/ 4号(15g)etc…

個数:3個 /2個 etc…

ダイソーの3号と4号が使えるかな。本音を言えばもっと軽いナス型オモリを作ってほしいけど現状はコレ。僕が良く使うのは3号(11g)。ちょっと重いけど水深があったり初場所などではこれを使ってます。

補足

ナス型オモリはアイ(輪)が広いためフリーリグでの使用はできない…と思っていませんか?フリーリグで使用する場合はシンカーチェンジャーを使えば可能。これを使えばリーダーを切らずにオモリの交換ができる便利アイテムです。

チニングでよく使われているリグを知りたい方はこちらもチェック!!

リグの種類と使い分けの考え方

オフセットフック

個人的にオフセットフックは超重要と思っているので100円ショップのオフセットフックは現在使っていません。

理由は後ほど記載しますが、まずはチニングに使用できそうなラインナップを紹介していきます。

ダイソー

サイズ:♯1 / ♯1/0

個数:10個 / 9個

セリア

サイズ:♯1

個数:10個

ダイソーとセリアから発売されているオフセットフック。私はダイソーのものしか使ったことがありません。そのうえで現在使用していない理由がこちら

①フックの強度に不安

②針先が内向きなため好みでない

③ワームがズレやすい

④個体差が目立つ

そして私が好んで使用しているオススメのオフセットフックがデコイのロックンフック ワーム29という製品。

おすすめポイント

①アイが広いのでスプリットリングを使用してジガリグができる

②ネックが長いのでワームがズレにくい

③ナローゲイプなので魚の口に入りやすい

④強度も強い

シンカーストッパー

フリーリグをするためには欠かせないシンカーストッパー。こちらも100円ショップから発売されているので使用をオススメします。

ダイソー

サイズ:SS / S / M

個数:8個 / 8個 / 8個

適合ライン(ハリス):1~2号 / 2号~3号 / 3号~5号

チニングでよく使うリーダーが8ポンド~12ポンドの人はサイズSで問題なし。(写真はSSだけど笑)僕の場合はフリーリグとジカリグを使い分けるので細かくリーダーをカットすることが多い。そのためお安いダイソーのシンカーストッパーにはよくお世話になっています。

リーダー フロロカーボン

現状発売はされていません。

ナイロンラインなら発売されていますが沈みにくい性質があるのでボトムの釣りにはやっぱりフロロカーボンがオススメです。発売されたら試してみたいですね。

その他

100円ショップにはチニングでも使用できるトップウォータープラグもあります。

近日公開予定なのでもうしばらくお待ちください。

さいごに

いかがでしたか?

今回は100均ホッグ系ワームでチニングの釣りをメインで書いてみました。もちろんチヌだけでなく根魚を多く釣れます。今後の100円ショップの新製品に目が離せませんね。

-お得情報, チニング, ルアー