その他

【キジハタ】アコウ釣り方解説!ロックフィッシュを始める大事なポイントをお伝えします

キジハタが釣れるシーズン

地域によって差はありますが、基本的には夏が狙い目です。5月中盤から~11月終盤までが楽しめる時期となります。時間は朝マズメ、夕マズメが理想です。

キジハタが釣れる場所

キジハタは海藻や岩場、地形変化など身を隠せる場所を好んで生活しているので、そういった場所を見つけてトライしてみてください。

専用タックルが必要なの?

必要ありません。

ロッドはエギングタックルのM以上

リールはC3000番以上のハイギア

であれば根魚ゲームは成立します。しかしキジハタは食いついて身の危険を感じた瞬間すぐに根に潜ろうとするため柔らかく弱い竿だと魚に負けて潜られます。そのため絶対に釣り上げたいという方はロッドは固めの(MH~H)巻き取り量の多いリール(エクストラハイギア)が理想です。

※重要 最初はワームで狙ってみよう!!

根掛かりが多いためです。オフセットフックを使用したワームの釣りはキジハタを狙ううえで根掛かりを軽減できるためおススメします!!

仕掛け(リグ)の種類と作り方

ジカリグ ※おすすめ

シンカーとフックを直接繋ぐ仕掛けのこと。このやり方が釣りをしている最中のルアー交換が一番簡単で便利です。

・用意するもの 

プライヤー スプリットリング オフセットフック シンカー( 10g~30g ) 以上4点

※注意 オフセットフックのアイ(輪っか)にスプリットリングが入りリングが自由に動くサイズのものにしてください。でなければフックの動きが制限され水中で不自然なアクションになります。また、メーカーのフックによってアイの大きさが違うためややこしいです。画像のフックはデコイのロックンフック(アイが大きくオススメ)。リングはカルティバのハイパーワイヤー♯3 を使用しています。シンカーはタングステンタイプのものが理想ですが値段が高いため鉛でも大丈夫です。重さは水深や潮の流れの速さによって変わりますが10g~30gまでを揃えておけば問題ありません。

・作り方

①プライヤーの先端でスプリットリングを開きフックのアイを通す(写真のようにプライヤーの奥側にスプリットリングの隙間を作ったほうが広げやすく簡単です)

②同じようにシンカーもスプリットリングに通せば完成です。

オフセットフックのアイ(輪っか)にスプリットリングが制限なく自由に動きます。

もっと簡単にジカリグを使いたいという方はこちら。スナップに直接シンカーとフックを通すだけです。こちらでも釣れますので試してみてください。

ジグヘッドリグ ※おすすめ

シンカーと針が一体となったもの(ジグヘッド)にワームを組み合わせたもの。

筆者がおすすめするジグヘッドがこちら。これにワームを付けるだけの簡単アイテム!!

テキサスリグ

銃弾型のシンカーの中心に穴が開いたもの(バレットシンカー)とオフセットフックを組み合わせた仕掛けのこと。銃弾型ですので障害物回避に特化したリグとなっています。

・用意するもの バレットシンカー シンカーストッパー オフセットフック 3点

・作り方

ラインに通す順番は①シンカーストッパー②バレットシンカーです。最後にオフセットフックをラインに結べば完成です。こちらも簡単。

フリーリグ

シンカーをラインに通すだけで上下自由にシンカーが動ける状態のことです。一番重いシンカーが最初に底に着底し、その瞬間ワームがゆっくりとふわふわ落ちていく。この瞬間がワーム本来の動きを引き出し魚を誘うリグとなっています。

・用意するもの

フリーリグ用シンカー オフセットフック 2点

・作り方

ラインにシンカーを通してフックを結ぶだけです。

オフセットフックとワームの取り付け方

ここで大事になってくるのがオフセットフックとワームのサイズです。ここを間違えると取り付けができない場合があります。

今回使用するワーム3インチに対しオフセットフックは1号です。

①ワームに対してフックサイズが合っているか確認するため画像のように並べます。ここで大事なのがフックのアイがワームのおしりから出るように置きます。こうすると青線のようにワームを刺せる余裕があることがわかります。

②ワームのおしりの中心から垂直に刺します。ここで大事なのがフックの赤線の長さとワームを刺す長さが同じくらいになるようにしてください。

③そのままフックの根元までワームをもっていきワームを1回転させると画像のようになります。そしてこの赤線の部分(フックとワームが交わっているところ)に垂直になるようにフックを刺します。

④これで完成です。

必ず持っておきたいアイテム

ルーディーズ 根魚狩りジグヘッド&ハタ喰い魚子

筆者が一番おすすめするジグヘッドアイテムです。

ワームサイズは3.5インチに対してフックサイズは1/0が合います。

こちらはスイミング系と呼ばれる小魚をイメージした作りになっています。 そのためボトム(底)についたらストップ&ゴー(巻いて止める)というアクションで誘うのが基本となります。ボトム~数メートル上の層を狙う釣りに向いてます。

また根掛かり回避のコツは2つあります。フックの先端をワームに軽く刺した状態で使用する。ボトムについた瞬間ロッドを軽く上げて(ワームを浮かすイメージ)から巻き始める。この2点をするとスムーズに釣りが楽しめます。

エコギア キジハタホッグ

3インチに対してオフセットフックは1号が合います。

こちらはホッグ系と呼ばれる甲殻類をイメージした作りになっています。そのためボトム(底)をリフト&フォール(上げたり落としたり)のアクションで誘うのが基本となります。ボトムをネチネチ攻める釣りに向いています。

画像の用にジカリグなどで使用します。

最後に

キジハタは海藻や岩場、地形変化など身を隠せる場所で餌を待っているので、基本はボトム、そしてそこから数メートル上を意識して探っていきましょう。

-その他